よくあるご質問
Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 facebook tweet

その他

1. 家の近くで、のら猫に餌を与えている人がいて困っています。どのようにすればいいですか?
世話をする場合は、責任を持って飼育すべきで、のら猫に安易に餌等を与えるべきではない、というのが原則です。ご近所同士でなかなか言い出しにくい場合には、町内会などで「のら猫にエサを与えない」等、申し合わせをされるのもひとつの方法でしょう。
2. ペットホテルはしていますか?

ペットホテルをしている病院としていない病院がありますので、当ホームページの会員病院のご案内からお近くの病院を選んでお問い合わせください。

3. 飼っている動物が迷子になってしまいました。どうしたらよいでしょうか?

まず、お近くの保健所、または京都市家庭動物相談所(電話 075-671-0336)に保護されているか、問い合わせてください。

また、お近くの警察署や交番、さらにお近くの動物病院に情報が寄せられている場合もありますので、お聞きになるのもひとつの方法です。

4. 飼い犬が人を咬んでしまったのですが、どうしたらいいですか?

人を咬んだ場合、咬まれた方には、人の病院で治療を受けるよう勧めていただくとともに、お住まいの行政区の保健所に届け出てください。

5. 飼っている動物が死んだのですが、どうすればいいですか?

動物の遺体については、いずれも有料になりますが、京都市死獣受付(フリーダイヤル 0120-100-921、携帯電話からは 0570-000-614)、または動物霊園等に依頼してください。

なお、犬の場合は登録を抹消しなければなりませんので、お住まいの行政区の保健所に届け出てください。

6. 道路に犬・猫がひかれて死んでいます。どうすればよいでしょうか?
京都市死獣受付(フリーダイヤル 0120-100-921、携帯電話からは 0570-000-614)に連絡してください
7. ケガをした犬(猫)を保護したのですが、どうすればいいですか?

まず、お住まいの行政区の保健所、または京都市家庭動物相談所(電話 075-671-0336)に届けてください。保護された方にお世話いただける場合には、有料にはなりますが、お近くの動物病院で治療を受けさせていただければ幸いです。

なお、飼い主がなかなか見つからないときは、保健所等に改めてご相談ください。

8. 獣医師や動物看護師になるにはどうすればいいのでしょうか?

獣医師になるには、大学の獣医学科(6年制)に入学し、卒業後、獣医師の国家試験に合格することが必要です。我が国には、獣医の大学は国立大学10校、公立大学1校、私立大学5校があります。

動物看護師の場合は、大学や専門学校、また通信講座で学べるところもありますので、調べてみてください。