事業活動
Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 facebook tweet

防疫委員会

「人と動物の共通感染症」のひとつで、未だ世界の多くの地域で猛威を振るっている狂犬病に対して、予防の啓発とワクチンの接種率向上に取り組んでいます。また、狂犬病予防法による予防注射を京都市の委託を受けて実施し、狂犬病の発生と蔓延を防ぐ活動を行っています。

狂犬病Rabiesは、ほぼ世界中に存在する狂犬病ウイルス(ラブドウイルス科リッサウイルス属)による感染症です。人を含めた哺乳動物がすべて感染し、発症すれば治療法は無く、ほぼ100%死に至る非常に恐ろしい人獣共通感染症です。1957年から国内での発生は報告されていませんが、現在でも世界では年間55,000人の方が亡くなっていると推定されています。
治療方法は残念ながらありませんが、人間への感染はほとんどが犬の咬傷によることから、犬へのワクチン接種は非常に重要な予防法になります。狂犬病予防法では、飼い主は生後91日以上の飼い犬に対し生涯に1度の登録と年1回の狂犬病予防注接種を義務付けています。なお、毎年4〜6月は狂犬病予防注射期間に定められています。

1 集合注射

京都市の委託を受け、毎年4月に市内各所で行われる集合注射に獣医師等を派遣しています。

2 個人注射

会員病院では、年間を通じて予防注射と登録業務を行っています。

活動報告